交差するふたつの出来事が、ダウントンに時代の移り変わりと新たなる時代への幕開けを告げる――

INTRODUCTION

英国貴族の壮麗な大邸宅が舞台の大人気シリーズ『ダウントン・アビー』愛すべき人びとが再びスクリーンへ―恋と謎とユーモアと共に。

今回は映画撮影のためにハリウッドスターがやって来て、伯爵家も使用人も大騒ぎ。
長女メアリーと執事トーマスは冷静に現場を仕切りつつも、ロマンスの予感に揺れる。
一方、先代伯爵夫人バイオレットが訳ありで別荘を相続したと聞き、当主ロバートたちは南仏へと向かうが・・・
出演は英国の至宝マギー・スミスをはじめ、お馴染みの面々。脚本はシリーズ生みの親、アカデミー賞®脚本賞のジュリアン・フェローズ。
監督は『黄金のアデーレ 名画の帰還』のサイモン・カーティス。
ついにスクリーンで明かされるクローリー家最大のミステリー…若き日のバイオレットの秘密、そして
てんやわんやの映画撮影に翻弄されながらも、ダウントンの人びとは希望を胸に新時代への扉を叩く―

STORY

1928年、英国北東部ダウントン。広大な領地を治めるグランサム伯爵ロバートらは喜びの日を迎えていた。亡き三女シビルの夫トムが、モード・バグショーの娘と結婚したのだ。華やかな宴とは裏腹に、屋敷は傷みが目立ち、長女メアリーが莫大な修繕費の工面に悩んでいたところへ、映画会社から新作を屋敷で撮影したいというオファーが。謝礼は高額だ。父の反対を押し切ってメアリーは撮影を許可し、使用人たちは胸をときめかせる。
 一方、ロバートは母バイオレットが、モンミライユ侯爵から南仏にある別荘を贈られたという知らせに驚く。その寛大すぎる申し出に疑問を持ち、妻コーラ、次女イーディス夫妻、トム夫妻、引退したはずの老 執事カーソンとリヴィエラへと向かう。果たして海辺の別荘に隠された秘密は、一族の存続を揺るがすことになるのか―!?

監督:サイモン・カーティス
脚本:ジュリアン・フェローズ
出演:ヒュー・ボネヴィル、ジム・カーター、ミシェル・ドッカリー、マギー・スミスほか

PAGE TOP