NEWS

これまでの「ダウントン・アビー」シリーズ、そして『ダウントン・アビー/新たなる時代へ』の撮影ロケ地である英国ハイクレア城からロケ地にフォーカスした特別映像を解禁します!

豪華オリジナルキャスト・スタッフのインタビューやメイキング映像を交えながら、お馴染みの邸宅と、新たな舞台となる南フランスのヴィラの魅力に迫っていきます。
「ダウントン・アビー」シリーズを語る上で欠かせないのがクローリー家の邸宅のロケ地として知られるハイクレア城。イギリスの国会議事堂の設計を手掛けた建築家チャールズ・バリーによって17世紀に手掛けられたもので、歴史を感じさせる堂々とした佇まいは、由緒正しき貴族たちの生活が描かれていく「ダウントン・アビー」にとってトレードマークでもあります。ドラマシリーズから数々のストーリーが展開されてきた場所ということもあり、クローリー家の次女イーディスを演じたローラ・カーマイケルも「この豪邸が実家だと思ってしまう。あり得ないわよね」とコメントするほどキャスト、スタッフ陣にとっては愛着のある存在となっており、プロデューサーのリズ・トルブッチも「重要な存在です。圧倒的な存在感を放つ建物です」と語っています。一方で新たな舞台として登場するのは、一族にとってのはじめての海外となる南フランス。ロケ地はダウントンと同様に、フランスに実際に存在する美しい別荘が採用されています。
別荘のほかにもカラフルな建物による街並みや、ヤシの木が植えられた庭などこれまでの「ダウントン・アビー」で見られなかった景色が映し出され、長女メアリーを演じるミシェル・ドッカリーは「映像で南仏の雰囲気を堪能できるわ」とその魅力を太鼓判。本作でプロダクション・デザインを担当したドナル・ウッズは「開放的な別荘で色合いも鮮やかです。」と語り、衣装デザインのアンナ・メアリー・スコット・ロビンスも「新鮮でワクワクする多彩な色使いです」と荘厳なダウントンの景観から一転、リゾート感溢れる新ロケーションに自信をのぞかせています。

さらに本作には時代考証者のアラステア・ブルーズが参加しており、時代設定にマッチした本物の建造物で、当時の貴族たちのリアルな生活の様子を作品に反映させようとする制作陣のこだわりも垣間見えます。プロデューサーのギャレス・ニームが「いまや世界的に有名な建造物です。」と語るように、「ダウントン・アビー」によって一躍有名となったハイクレア城は、もはやキャスト・スタッフにとって家族同然!
ダウントニアンとっても見慣れた場所で、最新作ではどのようなストーリーが展開するのか?優雅に生活するクローリー一族や、忙しなく働く使用人たちのカムバックがますます楽しみになること間違いなしです!