NEWS

これまでの「ダウントン・アビー」シリーズ、そして『ダウントン・アビー/新たなる時代へ』の撮影ロケ地である英国ハイクレア城からストーリーにフォーカスした特別映像が到着!豪華オリジナルキャストやスタッフのインタビューやメイキング映像を交えながら、新たな展開が巻き起こる最新作に迫っていきます。

最初にクローリー家の長女メアリーを演じたミシェル・ドッカリーが「一族は新たな時代を迎え、変わりつつあるの」と語る様子からはじまる本映像。その変化を象徴するエピソードとして、クローリー家の亡き三女シビルの元夫トムを演じたアレン・リーチが、前作『ダウントン・アビー』で遂に結ばれたトムとルーシーの盛大な結婚式という、シリーズファン大歓喜のシーンが最新作で描かれることを明らかにします。続いて、クローリー家の当主ロバートを演じたヒュー・ボネヴィルと、妻のコーラを演じたエリザベス・マクガヴァンが、先代伯爵夫人のバイオレットが南フランスの別荘を相続したことで、ロバートとコーラはその理由を解明するために渡仏することを説明。心配そうに海外へ繰り出す登場人物たちを気にかけるヒューとエリザベスに続き、アレンはトムとルーシーがその旅に同行するということもあって「新婚旅行の方が大事だ」と笑顔でジョークを飛ばす場面も。一方でダウントンには、ハリウッドから新作映画の撮影オファーが舞い込み、ロバートは古くなったクローリー邸の修繕費のために泣く泣く依頼を引き受けることに。ダウントンに残り、クローリー邸を守ることとなるメアリーですが、ミシェルは「いつもと違って使用人だけでなく、伯爵家も大騒ぎ」と明かしており、これまでの出来事を超える新たなトラブルを予感させます。“映画を撮影する撮影現場”ということから現場も混乱だったようで、次女のイーディスを演じたローラ・カーマイケルからは「カメラが多くて、こっちは本物、あっちは偽物。複雑だったわ」というプチハプニングのエピソードを語っており、続いて映し出されるメイキングではカメラがそこかしこに存在する現場で、キャスト陣が集中しながら撮影に挑む様子も切り取られています。
最後にドラマシリーズから「ダウントン・アビー」に携わってきたプロデューサーのギャレス・ニームが「再び劇場に行って観てほしい作品です。笑える場面が多く、恋愛や悲劇もあります。一番の魅力は登場人物に再び会えることでしょう」と最新作を自信満々にアピールしています!

果たして、南フランスの別荘に秘められた謎は何なのか?ダウントンでのハリウッド撮影は無事に進むのか?そして、時代の移り変わっていくなかで、同様に少しずつ変化を遂げていくダウントン人々の姿にも是非ともご期待ください!